iDeCoで資産形成する場合には会社員も確定申告が必要なのか

老後のための年金活用

皆さんは老後のための準備として会社員の方は厚生年金、自営業の方などは国民年金を掛けていることと思いますが、近年の国政の財政難によって国の年金機能はもはや破綻しているとも言われ、実際にもらえる年金の額は生活できないほどの水準にまで落ちているといわれています。
それどころか年金をもらえない世代も今後は出てくるのではないかとの試算も出ており、年金制度そのものが崩壊の危機にあります。
もはや年金に頼って老後を暮らすことは望めない世の中になってきており、生涯現役を続けないといけない状態になりつつあります。
こうなると何かしらの対策を講じていかないと老後に明るい期待を持つことは難しい状態になっています。
しかしどんどん老いていく体に鞭打ちながら一生働くしか老後の生活はないのでしょうか。

個人拠出年金を別途で活用

そこで対策として個人として年金に相当する資産運用を指定校という動きが活発になっており、すでに取り組みを始めている方も急増してきております。
そこで今注目されているのが個人拠出年金の存在です。
これは各種銀行や証券会社が取り組んでいる案件のひとつで、個人が先々の掛け金として積み立てを行い、運用をする事で老後の資金活用を行おうという試みです。
このように別途で積み立てをしておけば今後やってくる老後に対して対策が取れますし、運用することによって様々なメリットが出てきます。
もはや国の年金が当てにならない時代にはおいっている中、このような対策を事前にとって置く事は現在の世の中では必須といえる事柄と言えるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る