老後へ向けての対策として年金色々

最近注目の個人拠出年金の用途

このように最近注目度の上がっている個人拠出年金ですが近年になって各種銀行や証券会社などが様々な商品を提案し出しており、選択の確かさが選択するほうにも要求されています。
やはり用途としては老後の生活資金として割り当てるケースがほとんどで運用して事業にするような考えはあまりないようですね。
これにはやはり年金制度の崩壊が迫っているため防衛策としての投資として考える人が圧倒的に多いようで、老後の資金造りとしての側面が強いですね。
ただ各種銀行や証券会社によって利率やメリットが異なっているのでどこのプランを選択するかは要検討が必要ですね。
本当に色々なプランが提供されているので自分の老後の運用にはどの銀行や証券会社が適しているのか良く見定める必要があります。

iDeCoは注目されている個人拠出年金

そこで年金対策の方法として今注目を浴びているのがiDeCoの存在です。
iDeCoとは個人型確定拠出年金のことで、確定拠出年金法にもとづいて実施されている年金制度になり、個人が運用金額や掛け金を設定して掛金と運用益の合計をもとに計算され自分で育てる年金といえます。
支給年齢は決まっており、それまでは給付は受けることは出来ません。
逆に言うと60歳までの掛け金で金融商品を選んで運用するので的確な投資判断が必要となってきます。
つまりしっかりした運用の判断が出来れば60歳以降にもらえる老後資産を大きくすることも可能なのです。
iDeCoは運用することによって大きくもなりし小さくもなりますので慎重な判断が必要になります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る