iDeCoでの資産運用には会社員の場合でも確定申告が必要

iDeCoの場合の大きなメリット

iDeCoで個人型確定拠出年金として運用する際の大きなメリットは掛け金がすべて控除され毎年税金が戻ってくることです。
節税効果が抜群に良いことがiDeCoで資産運用する大きなメリットです。
他には掛け金を資産運用して出た利益に関しては税金はかかりません。
これは運用する側としては大きなメリットとなり資産を増やすメリットがものすごく大きくなります。
また60歳以降に資金を受け取るときにも大きなメリットがあり、一時金、年金、一時金と年金の両方の3つが選択でき、どれを選んだ場合でも節税メリットが受けられます。
また掛け金も最低5000円から始められるので初期投資を少なく始められるのもメリットとしては大きいいですね。

iDeCoでも確定申告が必要な場合がある

しかしiDeCoで資産形成を行っている場合でも面倒なことは多少生じます。
会社員がiDeCoを運用している場合たいていは年末調整で済むので問題はないのですが、ごくまれな場合に会社員でも確定申告をしなくてはいけない場合があります。
それは年末調整がされていない場合、また個人払い込みに掛け金を設定した人は給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書を記入していないと確定申告をする必要が出てきます。
また小規模企業共済等掛金払込証明書が年内に届いていない場合も確定申告が必要になります。
あくまでも個人型確定拠出年金であることを念頭から放さずに年末調整や小規模企業共済等掛金払込証明書が年内に届いているかをしっかりチェックしてiDeCoで資産形成を行ないましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る